お庭で使う「レンガ」の魅力。自分のお庭づくりにあったレンガを選びましょう!
2019.02.11
bar2

こんにちは!スローガーデンのあきちゃんです!

 

最近は暖かくなったり、寒さが逆戻りしたり、春の兆しを感じますね!お庭の問い合わせも増えています!

 

今日は、お庭づくりによく活躍する「レンガ」について。 

 

お庭ではアプローチによく使われるレンガですが、レンガと言ってもいろいろなレンガがあるのをご存じですか?

 

コルンバ2.JPG

 

このレンガはデンマークの職人さんがひとつひとつ焼き上げたレンガです。ひとつひとつ丁寧に焼いているので、

それぞれ表情が違っていて、毎日通るアプローチでも飽きのこない仕上がりになります。

大きさも普通のレンガよりも細長いので、特別感が出ています。

 

コルンバ1.JPG

 

白砕石とのコントラストが美しいです。

 

 

 

レンガには中古のものも価値あるものとして使用されています。

 

中古レンガ.JPG

 

お庭で使う素材として、枕木やレンガはヴィンテージものを使うことを上質とする価値観があります。

 

もともとヨーロッパの構造物で使われていた古レンガを、お庭に使うことで、すでに長い月日を旅して

きたかのような風合いを楽しむことができます。

 

中古レンガ2.JPG

 

レンガの角がとれていたり、少し煤がついていたり、日焼けしていたりと、ひとつひとつ味わいがあります。

 

 

 

お庭づくりではDIYする方も多いですよね。そんな方はホームセンターのレンガを購入することも多いかと思います。

ホームセンターのレンガもなかなか味わいがあります。色合いや風合いが違うものを何種類か集めると、

工業製品らしさが薄れるので頑張って探してみてくださいね。

 

ホームセンター.JPG

 

 

既に、お庭の花壇や見切りで使用しているものを、リガーデンの際に違う形に再利用することで、

処分費も抑えられてエコにもつながりますので、今家にあるものは最大限利用していきましょう!

 

 

 

このように様々なレンガがあります。ご自身の好みや用途に合わせて、ぜひ選んでみてくださいね!

 

 

 

0
あきちゃん
こんにちは。
あきちゃんです!
あきちゃんの
        icon-next

icon-category

icon-archive

CopyRight(C) 静岡県浜松市の外構・エクステリア Dlofre’s All Right Reserved.