お庭の雑草でお困りなら、「グラベル・ガーデン」はいかがでしょうか?
2019.09.06
bar2

こんにちは!

スローガーデンの「すみちゃん」です。

9月になって、暑さの峠を超えたものの、まだまだ暑い日が続いております。

この時期、お客様からよくお聞きするのは、

「雑草をなんとかしたいんです!」というお声です。

夏の高温で、雑草伸び盛りで、草取りや草刈りで、手を焼かれている時期ですから、

そのお気持ち、よくわかります。 

私たち、スローガーデンのスタッフが、よくご提案させていただくのは、

「砂利を敷く」ことです。

ドロフィーズ・キャンパス内にも、多数、砂利敷きで施工した場所があります。

白のMINKA9sense.jpg

<9sense  dinind&白のMINKAの前>

DSCN7619.jpg

<白のMINKA 苔の庭>

上の両方共、工事用の砕石を敷いているのですが、植栽のグリーンを

上手く取り入れてることで、やわらかな雰囲気になります。

工事用の砕石は、近郊の地域で採られる材料のため、景色ともよくなじみます。

「砂利」は英語で「gravel」。

だから、「グラベル・ガーデン」。

海外では、広大な敷地のお庭や、乾燥が激しくて十分な水遣りができない場所で

グラベル・ガーデンが作られています。

車が乗り入れない場所であれば、砂利の下に防草シートを敷けば、

より強力に雑草を防いでくれます。

(※駐車場等、車が乗り入れる場所は、タイヤがシートを巻き込んでしまうため、

砂利敷きのみをオススメします。)

「雑草を抜くのに、疲れてしまった。」

「芝生の手入れが追い付かないから、砂利敷きに変えたい。」

・・・そんな時は、ぜひ、スローガーデンまでご相談くださいませ。

(※ご相談の際には、ご予約の上、敷地の図面・お写真をお持ちいただきますと、具体的なアドバイスが可能です。)

0
        icon-next

icon-category

icon-archive

CopyRight(C) 静岡県浜松市の外構・エクステリア Dlofre’s All Right Reserved.