北欧の風景庭づくり・ドロフィーズキャンパス進化していますパート2

2021.07.23

DLoFre’sスローガーデン北欧ガーデン

前回の続きで、ドロフィーズキャンパスの最西端の工事の紹介です。     今回は小川制作の方の紹介です。 土工事は、ドロフィーズキャンパスの専属庭師の猿田さんが施工してくださっています。     こちらは、ドロフィーズキャンパスの造成時に土から出てきた川石たちを流用しています。   もちもと、都田川が流れていたので、地面の中には大き目の丸い川石が多く、捨てずにこのように利用 することができま...

icon-more

bar2

日除け対策【パラソル】編

2021.07.15

こんにちは。 スローガーデンのしゅうちゃんです。   7月に入り、早くも2021年も折り返しとなります。雨が続くと洗濯物が溜まって大変ですね。 気圧が低いと頭が痛くなる時があります。皆様は元気でお過ごしでしょうか。。   今日は先日のシェードに続いて「日差し対策」について紹介していきます。 建物やお庭に手を加えずに手軽に設置のできる【パラソル】です。   ドロフィーズキャンパスでも様々なとこ...

icon-more

bar2

北欧風景庭づくり!ドロフィーズガーデン進化しています!パート1

2021.07.09

DLoFre’sスローガーデン北欧ガーデン

ドロフィーズキャンパスの最西端のドロフィーズカフェ北西の工事が進んでいます。     あたしくレイキモッキの小屋ができたり、小川や薪棚ができてきてます。   もともとは竹林だったので、この1,2年でだいぶ見違えました。       薪棚は、ドロフィーズキャンパスの専属棟梁である小林棟梁が作ってくれています。   屋根材はオンデュリン、骨組みにハードウッドを使用しています。     薪棚に薪...

icon-more

bar2

砕石(砂利)でつくる駐車場のお庭

2021.07.03

エクステリア・外構

駐車場はコンクリートで作る、という固定概念にとらわれてしまっていないでしょうか。   コンクリートは費用がかかり、年数が経つにつれて汚れが目立ってきます。また、後々撤去したい、といったときにも 費用がかかります。コンクリートは便利なのですが、環境負荷が大きく、家や人にとってもあまり良くないので、最小限にとどめるのをおすすめします。   駐車場や車にそこまで強いこだわりがないようであれば、駐車場は砕...

icon-more

bar2
1

icon-category

icon-archive

CopyRight(C) 静岡県浜松市の外構・エクステリア Dlofre’s All Right Reserved.